マウスピースやマッサージ

おすすめなのは、マウスピースを使う方法です。 自分の口内の形に合ったマウスピースが必要なので、歯医者に行って作成してもらってください。 さらに歯ぎしりをすると、顎周辺の筋肉に負担を与えてしまいます。 その負担を削減するために、マッサージを行ってください。

様々な病気の原因

知覚過敏や歯周病など、口内の病気はたくさんあります。 その原因に、歯ぎしりが関係していると忘れないでください。 さらに頭痛や肩凝りの原因になるなど、歯ぎしりにはデメリットが豊富です。 メリットは全くないので、早めに歯ぎしりをやめられるように対策をしましょう。

3つのポイントがある

舌の横の先がへこんでおり、歯に押し付けたようなあとがある人は普段から歯ぎしりを行っている可能性があります。
他にも下顎の内側に固い隆起があったり、頬の内側に線があったりする人も歯ぎしりの疑いがあります。
癖になっている人は、意識して歯ぎしりをやめないと改善できません。
ただ歯ぎしりの原因はストレスであることが多いので、根本的な原因を取り除くことをおすすめします。
良いストレス解消の方法も考えて、普段から実行しましょう。

歯ぎしりを改善するため、マウスピースで対策をするのが良い方法です。
歯医者に行くと自分の口内の形に合わせて、マウスピースを作ってもらえます。
マウスピースは寝ている時に付けるものなので、誰かに見られる心配はありません。
またマッサージをすることで、歯ぎしりをした時の負担を軽減させられます。
歯ぎしりが日常的になっている人は、定期的にマッサージを行ってください。

歯ぎしりを放置すると、知覚過敏や歯周病などの病気を発症する恐れがあります。
また歯ぎしりの時の音がうるさくて、一緒に寝ている家族に迷惑をかけるかもしれません。
関係性の悪化に繋がるので、早めに改善することをおすすめします。
自分が寝ている間に歯ぎしりをしているかわからない人は、同居人に聞いてみましょう。
1人暮らしをしている人は、寝ている時の様子を撮影するのが良い方法です。
ただ自分1人で対策をするのは難しいので、歯医者にも相談してください。

歯ぎしりをしているのか知ろう

舌の形を見ることで、歯ぎしりをしているのかわかります。 特に寝ている時に無意識に行っている場合は、気づきにくいでしょう。 気になっている人は鏡を見て、セルフチェックを行ってください。 3つのチェックポイントのうち、1つでも当てはまっていたら対策を考えましょう。